FC2ブログ

熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スパイ・ゾルゲ(2003年 スパイ・ゾルゲ製作委員会)

2003年。夏川さんの中でなにかが変わったらしい、35才。
リアルタイムで見てみたかったとも思いますが、夏川さんが変わってゆくんだなあという後追い目線が出来るということもそれはそれで幸せなことです。夏川さんは昔っからとことんプロ意識の強い女優さんのようですから、変わったものが顕著に目に見えるわけはないんだろうけれど。自分で選んで楽しんでやることというのは、そうで無い事に比べて吸収するものも後に残るものも違ってくると思います。この映画は夏川さんに何を残したのかな。まあひとまず、見た私たちが何を感じるかのほうが大事だわね。


『スパイ・ゾルゲ』は篠田正浩のラスト・フィルムで3時間を超える長大作。見始めたら長いので心してかかるべきかと思います。
タイトルから想像するに、マスクオブゾロ的な(←?)フィクションかと思っていました。戦時中に実在したソ連軍のスパイのお話で、バリバリのノンフィクションです。満州事変あたりから太平洋戦争の終わりまで、ゾルゲとその仲間や当時の人々の様子などが描かれます。二・二六事件ってこんなだったのね、とか。学生時代に見ていたらもっと感動していたかもしれないな。歴史のお勉強をしてから見たほうがいいなこりゃ。夏川さんはこんなのもきっと、超勉強してから役に入るんだろうな。
ゾルゲ役のイアン・グレンがあんまりかっこよくないのでなんだか見るのがダルかった。3時間の長編で、ほぼ出ずっぱりなんだからもうちょっとキャスティング考えなさいよという感じ。まあジョニーデップとかですらかっこいいとは思ったことがない外国人オンチな私ですけども。
CGもびっくりするくらい安っぽいし、当時としては頑張ってたんだろうけど、新しいものを取り入れりゃあいいってもんじゃないですわな。CGは手段でしかないんだから、作品に悪影響を及ぼしちゃあダメ。


夏川さんは、もっくん演じるスパイ尾崎の奥様の英子役。もっくんとはこの後『87%』で共演することになります。ここですでに夫婦だったんかい、とつい思いました。
夏川さんはいちばん最初に出てきてあとはたまーにちょいちょい、3時間のうち5回くらい出てきます。映画が始まっていきなり夏川さんの声が聞けるので、オイシイといやあオイシイ。映画に対するテンションが格段に上がりますね、うん。
役柄の個性がはっきり出るほど出番があったわけではないのですが、東大出の新聞記者である夫を支える、よく気のつく上品な女性という印象。また、母でもあります。戦時中の昭和の話ですので、着物です。

そして夏川さんまた泣いてるけど。左目からひとつぶ涙をこぼして、口を尖らせて遺骨を見つめる顔がかわいいって、どんだけ笑。ちょっと子供のような、やり場の無い悔しさを込めた泣き。2003年は夫を亡くして泣くパターンが実に多いですね。
今回はうずくまって泣くその小さい背中が弱々しくてよかったです。「あ~」って声を上げて泣く夏川さん、ん?笑ってるのか?と思う時があります。実際、誰かに声を上げて泣かれると普段聞かない声だったりして、けっこうドキッとするものですが、そんな感じ。子を持つ母というのはあんな風に泣くんだろうか。人によるんだろうけどさ。自分の母親があんな風に泣いたとしたら、ちょっと見てられない。だからこそ英子は一人きりで泣いていたのだろうけど。母親の裏側を見た気分。
あの後ちゃんと、子供を優しく抱きしめて一緒に悲しみを乗り越えたに違いない。そして強く生きて行ったのでしょう。


葉月里緒奈や小雪も出ていますが、悔しいけどこいつら存在感があるわあ。
いつもいつも他の女優に対してそんなことを言う私、な気もしますが夏川さんほど我を殺して女優やってる人っていないと思うんですよね。地味たるゆえんはこれからのテーマ軸になりそうです。


02sorge_main.jpgそして若干気になったのが、ネットサーフィンしていて見つけたこの画像。制作発表だかなんだか知らんけども、夏川さん、目閉じてる。顔は一番小さいけど。マスコミめ、写真は数えきれないほど撮っただろうに、こういうの1枚たりとも選ばないでほしいですよ。といいつつこんなとこで紹介するわたしも同罪。だってなんだかさりげなく置いてきぼりな感じが夏川クオリティじゃない?そう思うと愛しくてたまらんのです。




スパイ・ゾルゲ [DVD]スパイ・ゾルゲ [DVD]
(2003/11/21)
監督:篠田正浩
出演:イアン・グレン 本木雅弘 椎名桔平 上川隆也 宮城与徳 近衛文麿公爵 葉月里緒菜 篠田正浩 小雪 竹中直人 夏川結衣 大滝秀治 加藤治子 岩下志麻:近衛千代子 吹越満

商品詳細を見る

| '91-07 映画レビュー | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホントだ。

夏川さん目閉じちゃってる・・・
でもキレイ!笑
隣の男性(スミマセン、名前が分からない)の頭半分くらいですね。

この映画はかなり長くてちょいちょい早送りしてしまいました。。笑

| ハル | 2008/11/27 19:26 | URL |

これって・・・・

 唯一、手元におきたいと、思わなかった、作品です。だらだらと、昔の映画みたいに、監督が、決まった時間の中に、全て編集できていない。それなら、TVドラマの12回枠の中で、表現すれば?と思ってしまった作品です。
 
 どこかの野球のチームみたいに、よい選手を、一杯集めて、誰も、生かすことなく、ただ「凄いだろう。こんな人も、こんな人も出てるんだよ。」と、役者の無駄遣いとしか見えません。
 
 でも、夏川さんが出てるので、見ました。彼女は、与えられた仕事を、ちゃんと、こなしていましたよね。綺麗です。地味です。
  私も、早送りしました。(笑)

| おばちゃん | 2008/11/28 15:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/75-c7126041

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。