熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観劇レポ その3 2回目

2回目です。12月17日(金)マチネ。
初日から9日経過ということで、さすがに夏川さんもほぐれてきたころでしょう、と私もこの日はいくぶんか落ち着いていました。鑑賞前に夏川アイテム(?)なファラフェルサンドを食し、気合いじゅうぶん。このサンド、超うまいです。野菜&スパイス好きな人なら大好きなはず。お肉使っていないけどボリュームあるし、毎日食べてもよさそう。店員のおにーさんはおにーさんによって優しかったりそうでもなかったりするけど、まあ出てくるもんは一緒よ。

20111213d.jpg


夏川さんへの感想です。ネタバレご注意。


この日の席は4列目の下手側。セットでは出入りの激しい台所の入り口の正面で、ちょっと面白い位置でした。つっても裏側が見えるわけではないけど。
この日の夏川さんは、初日に比べてダントツに良くなっていました。明らかにドッシリ感が増した! 初日に詰まった冒頭のセリフも、この日はスパーン! と気持ちよくキメてくれたので、これで私は本当に安心して観ることができました。もうさ、こんなに変わるもん?てほど。空気をものともしない堂々たる演技で、観客をお芝居に引き込んでくれました。
夏川さんの一番の見せ場的な、声を張るシーンがあるのですが、正直初日では夏川さんの声があんまり通らなくて、これは千秋楽までに枯れちゃうんでは? と不安だったのです。でもこの日はとても声が落ち着いていました。最近のハスキーボイスがいい具合に混じり合って。舞台ってこういう大きな演技があるのが難しいなあと思います。観ているほうとしては、声が通らないとスッと入って来ないんですよね。無理に叫んでいるように聞こえてしまうとそれだけで心苦しい。夏川さんも裏声っぽくなってしまうからなー。でもそれも悲痛な感じがして、よかったんじゃないかしら。「わかるのよ、幸せのしくみってものが!」渾身の叫びを忘れまい。その後の、くららを探しまわる所もぐっときましたよ。
それ以外のところでも、クドカンとの掛け合いのところもなんだか自然で可愛らしかったし、どうやらクライマックスではほんとに涙を流していたとかいう話もお友達から聞きました。
というかこの日、あろうことか私ったら途中で 寝 て し ま っ た のです。サイテーw。前日あんまり寝ていなかったのが悪かったのかねえ、夏川さんが長らく出て来ないシーンのところで完全におねむスイッチがオンしてしまいました。気づけばクドカンと夏川さんの言い争いという大事なシーン! ぎょえ。クドカンの「ふざけんなよー!」的なセリフで起きました。まあ、寝るほど安心したんでしょうよ。だって初日を観ただけでは、あまりの緊張感に「舞台ってこわい!」ぐらいに思ってしまって、何とかせねばと心の補完作業に走ってたんですもの。(DVD観ただけ。)今回は、いやー舞台っていいね、と思えたのでよかったです。

それにしてもこの作品、設定が細かいので、夏川さんの衣装チェンジがほんとに多い! 4~5回はしたんじゃないかしら。基本スーツで、ジャケットだったりブラウスだったり。タイト目なスカートに足が細くてカッコいい。何よりクラクラしちゃうのは、にゃんと喪服のシーンがあるとです。あれはもう狙ってるとしか(何を?)思えない。喪服で登場した瞬間、ぐはーとのけぞりました。髪型はちょっと高校生っぽかったので、もう少しエレガント系でも好きだな。休憩時間とかに、ほかのお客さんがふいに「夏川結衣ってキレイだねー」とか言っているのを聞くと、「ふふふ、そうでしょう」と嬉しくなってしまうのでした。

1回目の鑑賞でいちおう話しの流れは掴めているので、2回目はじっくりとセリフにも耳を傾けることができました。夏川さんのための書き下ろし?と思うほどアクションは抜きのストレートプレイなので、何回も見ると味わいが増して行くんだと思います。大きな事件は何も起こらない代わりに役者さんの演技にかかってくる部分が多い。特に夏川さんなんて初日と千秋楽では全然違うと思います。クドカンとの絡みがどんどん生き生きとして自然になっていくんじゃないかなあ。夏川さんだけを観ていると、夏川さんらしく細かい所まで表情をつくっているので、とても楽しめます。夏川さんの役は、バリバリの厳しい女社長。怒っている顔や、夫の前で見せる可愛らしい笑顔や、涙するところまで、ころころ変わる女優・夏川さんを堪能できるいい作品でした。何より立ち姿の美しいことよ。


20111213_2.jpg
20111213.jpg


といって作品自体が面白かったかというと、うーん。好き嫌いの分かれる所ではあると思いますが、感想はまた続く。

| アイドル、かくの如し | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/247-ff2bc060

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。