熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観劇レポ その1

夏川さんの初舞台、行ってきました。
12月8日(木)初日と、12月17日(土)のマチネ。2回観に行くはずの2回を終えちゃいました。当日券もあるようなので、今後はまあ、相当気が向いたら行くつーことで。
公演時間は2時間35分(休憩15分)。

あとで書きますが、初日と17日では私のテンションが違いすぎました。観る側でこんなに心が浮き沈みしたのは初めてです、ほんとに。実は基本的に「松たか子好き」である私は、ここ数年の彼女の舞台公演などは割と観に行ったりしています。松さんの場合は初日だろうが千秋楽だろうがブレるってことがほとんどない。あるとしても観ているほうからはわかんない。たぶんその作品としてほぼ完璧なものを、どの公演でも間違いなく見せてくれるのです。夏川さんと松さんを比べているわけじゃないけど、「舞台ってこういうもんだ」という感覚を松たか子によって形成された私にとって、今回の夏川さんの舞台を観る感覚はほんとに新鮮だったのです。それこそ下北の小劇場とか小さな劇団の公演を観に行く事もたまにはありますが、そういうところでも感じ得なかったものをもらったような気がします。というのは、「観客の空気」とか「日によって変わる役者さんの演技」とか、舞台は生き物だということをこんなに体感したことはなかったから。自分のとっても好きな人を追いかけてとことん入り込んでしまったのか、夏川さんの舞台を見る目はやはり特別なものだったと思います。日が経つにつれ変わっていくということを感じたくて、何度も観届けてあげたいような気にさせてくれました。3回目に行くとしても千秋楽がいいなあと思うけど、名古屋かあ。


聖地・本多劇場
20111213a.jpg 20111213b.jpg

下北沢の劇場のドンというか総本山というか、よく知りませんけど、駅そばのステキな劇場です。意外とちっちゃいぜ。下北沢には久しぶりに来たけど、降り立った瞬間に「好き」って思える街かもしれません。物がたくさん、ゴタゴタしているんだけど落ち着く。なんか低い街って感じ。高層ビルとか坂とかないの。あとは下北沢といえばフジコ・ヘミングの住む町。高校生くらいの時、フジコさんが住む所ってどんなところだろう、とまだ見ぬシモキタに思いを馳せたなあ。何度も言うけど、まさかそんなところで夏川さんが舞台やるとは思わなかった。もうひとつふたつ隣の駅くらいが夏川さんのイメージ。渋谷までは行ってほしくないのだけど。


おはなたくさん。交友関係を洗い出せって感じで。
20111213c.jpg 20111213e.jpg
20111213f.jpg 20111213h.jpg


公演パンフ(¥1,000)の表紙。と差し入れを受け付ける紙。差し入れとかした事ないので、こんなのあるんだーwともらって帰ってくるという意味のない行動。なんでもかんでも記念にしたがる。差し入れを置く台があるので、差し入れカモンな感じです。
20111213i.jpg


下北沢といえば「アンゼリカ」のみそパン。くるみ入り。
20111213g.jpg


その2へつづく。

| アイドル、かくの如し | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/245-0381c1dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。