FC2ブログ

熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『人間の証明』2004年 フジ

いろいろと暇なので久々の感想文。
※いちお推理ものの作品なので、ネタバレが気になる人はお読みになりませんようお願いします。


『人間の証明』は1976年の森村誠一の小説が原作で、もともとは映画の為に執筆されたらしく、これまでにも何度か映像化されています。2004年のこのドラマでは、脚本は『八百善』でおなじみの前川先生。

この作品、2年ほど前に1話と2話だけ見て「なんか暗い、意味わかんない。ちょっと怖いし」という印象を持ってしまい、そのまま放置していたのですが、先日CSで再放送していたので録画して頑張って見てみました。

2年前に何が気に入らなかったって、コワイのも暗いのもそうなんですけど、なんか夏川さんの冷やかしのような役どころにあんまり好感持てなかったのです。夏川さん演じる本宮桐子という、突き抜けて明るい、そしてちょっと抜けてるキャラクターがいないと、暗くなるばっかりで場が持たないって感じの使い方がなんかね。つまんないなあって思ってしまった。その印象は見返してみても同じではあったけれど、それはすべての登場人物に言えることで、ストーリー重視で動くお話であるから、それぞれのキャラクターはあんまり重要ではないのです。だから良く言えば、堅実な役者さんばっかりで固められていて、安心して見ていられます。ストーリーを邪魔する演技をする人は誰一人としていなかったように思います(横山さんの真珠婦人ノリはびみょうだが、「ウエストのシュークリーム好きでしょ」というセリフはよかったね)。特に、國村隼さんにかなりやられました。なんか生理的に訴えかけてくるもの。緒形拳さんもすごいし、高岡蒼甫くんのヒネた感じとかも地が出てる感じがして(知らないけどw)よかった。

ストーリーで気になったこと。これ原作は戦後30年のことをテーマに1970年代後半をリアルタイムに描いているわけですよね。で、さらにドラマでは時間軸は2004年現在になっているっぽいですが、この30年の差はどう処理しているんでしょう? ストーリーが進むにつれて、街娼だとか在日米兵とかいうワードでようやく、ああ戦後の話だったのかと気がつきましたが、わかりづらいなあ。戦争の傷あとと人の生活の両方を生々しく表現してこそ成り立つ作品のような気がするけど。アメリカ人の描き方がどうも雑だし、いいのだろうか? と思ってしまったよ。

原作は読んでいないけれど、文章だと読み手の想像力でごまかせるところが、連ドラで詳細に描いてしまったために、むしろ無理が生じているような気がしました。どーもエピソードを盛り込みすぎだと思うんだけど。複数のバラバラの犯罪と、主人公と犯人などの無関係な人々がタテもヨコも全部繋がってるなんてことあるかいや。そうやってエピソードを盛り込みすぎて、ダラダラと説明的なセリフも多いので、ボーッとしてるとすぐわけわかんなくなって、何度も巻き戻しながら見てました(右から左へ抜けていくクセのある私のせい?)。で、そうやって頑張って見た割に、最後にすべてをまとめあげる説得力があまりに弱かったので、非常に脱力しましたw。いろいろな無理を「お前、運命って信じるか」とかいうセリフひとつで片付けようとするとか、ずりー。伏線っていうのはもうちょっと密かに張る物でしょう。すべての線をびんびんに張りつめちゃって、盛り上げといていきなり崖が来た感じ。それまでの推理すべてを冷徹な捜査の上に理詰めで考えて、最後は人間らしい温かい感情で解決ってあたりが「人間の証明」なんでしょうか。複雑な家庭環境で育った場合、それを受け継ぎやすいみたいな心理学的にはよくある感じの動機ではありました。
だけど、視聴率はそんなに悪くなかったのに10話で完結。これはカットされたんじゃないよねえ? こういう題材は脚本ありきだと思うので、そんなことはないとは思いますが、終わり方があまりにも唐突だったのでね。

そうは言っても許せないほどつまんないってわけじゃなくて、7話あたりからぐぐっと面白くなってきます。というか、説明的な展開から脱出してようやく進展というか。竹野内さんはかっこいいし、夏川イングリッシュも聞けるしね。7、8、9話で夏川さんの出番とか見せ所がどんどん増えます。やっぱりカラカラと元気な夏川さんは良い。キャラ的にはちょっと汀子さんに似ている。2004年なので夏川さん的には『あな隣』後、『八百善』前の35歳くらい。顔がパンとしてて、サラサラストレートで、可愛いなあって感じ。あんな三十路すぎの女、マボロシだ。そういえば、この頃まで夏川さんは鼻声のころころした声ですね。次の年あたりからハスキーになってゆく気がします。

ドラマとしてあんまり見る気はしてなかったけど、夏川さんの本宮桐子は心に引っ掛かっていたので、見られてよかった。主役の竹野内さんとは美男美女がお似合いでよかったです。絵的には美しすぎるふたり。そして私は反町派です。


人間の証明 DVD-BOX人間の証明 DVD-BOX
(2005/02/16)
脚本:前川洋一
プロデューサー: 鈴木吉弘 演出: 河毛俊作 久保田哲史 成田岳
出演:竹野内豊 夏川結衣 大杉漣 田辺誠一 高岡蒼佑 横山めぐみ 松下奈緒 りりィ  鹿内孝 堀北真希 佐々木梓 おかやまはじめ 佐藤二朗 緒形拳 池内博之 風間杜夫  松坂慶子 他

商品詳細を見る

| '91-07 ドラマレビュー | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/239-713f8465

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。