熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年も終わりそう。

たまには愚痴でも更新しておかなくては。未来の自分が過去のブログを読み返した時に、自分が書くのをサボっていたのか、夏川さんが姿をくらましていたのか、よくわからなくなりそうだもん。

未来の私よ、今は間違いなく修業期間で、『夜光の階段』『任侠ヘルパー』が終わってからぱったりです。時間にしては3ヶ月ほど。あとは『孤高のメス』待ちです。この人、芸能人的に大丈夫なんだろうか? と一般人の人生的にはどうでもいい心配事を抱えて生きています。

自分のブログを読み返すって必要な時以外はしないんですけども。何年か後にも夏川さんのことが好きだとして、また修業期間があったとしたら、同じ事を愚痴っているのか、もはや悟りの域に達しているのか、今の状態と比べてみたいなあ。今は間違いなくぐちぐちしていますよ。1年前とあんまり変わってねーわ。
でも、1年前とはちょっと違うのは、素の夏川さんをあんまり求めなくなったこと。あまりにプロモーションをしない彼女に対してちょっと諦めたっつうか。たまに「あっもういいや」って、ぷちんとなにかが切れるんですよ。出てこないってことは、言いたくないってことだろうとも思うし。安易に出てしまって、作品に某かの影響を及ぼすのが嫌だったのだろうよ。出来たものがすべてよってことでいいんですよね、夏川さん?


■まあなんだかんだいっても

12月28日は日刊スポーツ映画大賞の授賞式。なんとまあ、余貴美子さんが助演女優賞受賞ですよ。授賞式、すっげえ楽しみ。余さんと夏川さん、この二人が並ぶなんて鼻血でますよ。どういうふうに絡むんだろう? そりゃあ歳は一回り違うし、大先輩だし、気は使うだろうけどさ。意外な仲の良さとか見せてくれたらいいなああ~。新聞ゲットしなくっちゃ。夏川さん、この機に鶴瓶と仲良くなって「家族に乾杯」にでも出てください。あ、やめといたほうがいいか? でもあの番組でうまくいけば好感度はアップしますよ。私の今のマスト番組3つのうちの1つです。この授賞式、一般参加の抽選もやってたのね。知らなかった。「ファン大賞投票者のなかから5組10名様」じゃ当たらないだろーけどさ。

余貴美子評に「どの役にも存在感を持って染まり切れる貴重なバイプレーヤー」とあって、考えてしまった。夏川さんもどんな役にも染まりきれるけど、「存在感」の部分が足りないのよね。でも夏川さんが存在感持っちゃったら夏川さんじゃない気がするし。そういった意味では新境地というか、「前に出てるのにうっすらしている人」をやらせたら逸品。だって、この世に生きている人誰でもが主役になれるわけじゃないしねえ。でも自分にとっては自分自身は主役だし、地味でもちゃんと生きてるし。そういうのを体現出来る女優って、あんまりいないのかも。地味でも存在感持って輝いてたら、それは本物の地味ではないのだきっと。

| 夏川結衣に思うこと | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夏川さん 出るんですか?

夏川さん今年の日刊スポーツ映画大賞の授賞式に出るのですか?

| drumsko | 2009/12/13 11:03 | URL |

テリー→ drumskoさん

> 夏川さん今年の日刊スポーツ映画大賞の授賞式に出るのですか?

助演女優賞のプレゼンターで出るはずです。

| テリー | 2009/12/14 09:15 | URL |

そうか 去年の・・・

テリーさん 情報ありがとうございます。去年の受賞者から渡されるのですねぇ。なるほどです。来年は本人がきっとGETですねっ!去年の授賞式での生写真ゲットしまして、写真屋でパネル大に引き伸ばしてもらい、かざってあります。PCから部屋中 夏川だらけで、奥さんと娘からは、「きもい!」って言われていますv-12一時は車へのペイントも考えましたが、大反対され断念しました。トラック野郎だったらペイントしたのに。何を言われようが、見れば見るほど美しいですものねぇv-10

| drumsko | 2009/12/14 09:48 | URL |

テリー→drumskoさん

> 車へのペイントも考えましたが

「夏川命」とか? そりゃ私が家族でも反対します。
でも面白いので応援してます。おとーさん頑張って。

| テリー | 2009/12/14 22:20 | URL |

トシノセオシセマリーノ

お久しぶりです。

自分的には『日経WOMAN(2008年8月号)』のインタビュー記事で“素の夏川さん”の部分は十分満喫できたと思っています。
仕事で壁にぶち当たっているひとなんかには、ZARDの曲を聴くよりも、勝間さんの本を読むよりも、このたった1ページのインタビュー記事を読むことをお薦めします。

余さんも順風満帆の女優人生ではなかったようですし、やはり似てるのかもしれませんね。
“存在感”のちがいは舞台の経験の差では? なんて思ったりするのですが。
個人的にはむしろ“存在感”を消すことができる女優さんのほうが稀有だと思うので、その部分は変らないでほしい。
そのうえで“存在感の使い分け”ができればなお最高、かな。

テリーさん、来年も変らず歯切れのいい記事を期待してます! よいお年を!

| にっし~ | 2009/12/30 02:49 | URL | ≫ EDIT

テリー→にっし~さん

あけましておめでとうございます。人間は考え方がどんどん変わってゆくものだから、今はどんなことを考えて生きているのか、機会があるなら聞かせてもらいたいもんです。
舞台の出身者は演技がオーバー気味とか言いますね。舞台経験するくらいで存在感が出るならやってみてくれっちゅう感じですが、夏川さんの舞台進出は嫌だなあ。

| テリー | 2010/01/15 11:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/168-d519ccae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。