FC2ブログ

熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BALLAD 名もなき恋のうた 映画鑑賞

初日舞台挨拶に行ければ行きたかったんですが、ぴあではチケット販売開始1分で完売。私もガッツリ勝負してたんですけど、あまりのアクセス数と自分のツメの甘さも加わって、全然ダメでした。30分前から無意味に更新を繰り返して準備万端にしてたんだけど、いざ10時とゆう時には肝心のログインし忘れてた。こりゃだめだわね。

てことで、初日じゃなければ当然レディースデイを使う。映画の評価は初動が大事!ってことらしいので、いちおう公開した週には行こうというくらいの意気込みはあります。

そういやこの映画はリメイクだったんだよねと改めて思い返してみました。
クレヨンしんちゃん大好きな私は、夏川さんがみさえをやると聞いた時には狂ったように喜んだものです。(該当記事)あれから早1年、夏には色々ありましたが、ついに公開。みさえはキャリアウーマン美沙子になるし、しんのすけは利発すぎるし、原作のことは忘れかけており、番宣もだいたい剛とガッキーだけだったんで、この映画に対して若干ふてくされモードに入ってしまってました。妙にスタッフが押してる「戦国版タイタニック」っていう二番煎じ丸出しなフレーズもどうかと思うのよ。聞くたび恥ずかしい。
でも9月5日にCSテレ朝で「クレヨンしんちゃんをぶっとおし24時間」という夢のような企画をやっていたので、馬鹿みたいに見てました。その中で、原作の『アッパレ~』もやってたんで改めて見てましたら、やっぱとてもよくて、泣けた。原作ではみさえよりもひろしのほうが活躍しているので、ちょっと歯がゆかったりもしたんですが。ひろしの「しんのすけのいない世界に未練なんてあるか?」は名ゼリフで、ここだけで泣けてしまう。でもなんせ24時間だし、ずーっと見ていたテレビアニメの日常のみさえの魅力はやっぱり素晴らしくて。そんなこんなで、よく考えれば、夏川さんはみさえなのだ…!という必要かどうかはわからない自分なりのモチベーションを取り戻し、揚々と観に行く事にしました。モチベーションが必要な時点でちょっと嫌なんですけど。


以下感想。ネタバレご注意です。


脚本はおおむね原作に倣っているので、『しんちゃん』の魅力のひとつのおふざけやギャグはないにしても、間違いはないというか、道をはずれることはないというか。それなりに泣ける仕様にはなっていましたし、飽きなかったです。
それでもなお実写化する意味ってどこにあったかな?と思うと、まず戦のシーンだったかと思います。けっこう現実感のある仕上がりで、すごかった。まあでもすごいとはいえ、大河ドラマの合戦シーンとは違うね!というぐらいの感想なもんで、タイタニックが沈むシーンに比べれば地味。CGとか映像加工なんて作品中に必要があればやればいいんであって、それ自体が「すごいでしょ!」って全面に押し出されるようなもんじゃないです。でも私は、原作加味した上でこの映画の魅力ってなんだろなと考えた時に、戦のシーンすごかったなっていう感想がまずポっと出て来てしまいました。この作品が原作超えは出来てるんだかなんだかよくわかりません。もはや比べられるもんじゃない気もしています。
あとは、やっぱりアニメの実写化ですから、役者さん達の現実に即してなお説得力のある演技にも期待がかかりますが、魅力あったと思います。
剛がかっこよかった!SMAPでいちばん武士が似合うと思います。木村さんなんかより全然ハマっていたよ。剛はそもそも演技派なほうなのであんまり心配はしていなかったけれど、『任侠ヘルパー』と同じく、この人はとても画面を納得させる力を持ってる人だなあと改めて思いました。
ガッキーは、私がこれまで見る限りでは見てられないくらい棒なことが多かったですが、今回の姫役は違和感なく見る事ができました。さすがにあそこまでキャラが立っているとちゃんとできるのかしら。顔はとっても可愛いし佇まいもスッとしているから、やっぱ絵にはなるなあと。夏川さんとのやりとりのシーンでは、簾姫が一般人・美沙子を威圧している感じが出ていたし。というかあれは夏川さんが威圧されてあげていたのだとも思う夏川ファン。
家来役の吹越満はさすがに脇として光り輝いてすごく魅せてくれたし、敵役の大沢たかおもしっかりしているから、周辺は心配なかったです。筒井道隆といえば私が小学生の頃が全盛期だったかなあ?キャーキャー言われるような人だったような記憶があります。あすなろとか王様のレストランとかカッコ良かったもん。今日見てたら、演技は全然変わらないけどオッサンになったなあと思いました。
で、まあ脚本も演出も役者もとくに文句はなかったんですけど、ただしんのすけが。子役がもう「ザ・子役」って感じでもう、ああいうの苦手なんですよね。子供にごしゃごしゃ言いたくないけど、演技がこうますぎて真一の魅力があんまり伝わってこなかったなあ。なにより、小学生がルイガノに乗るな。


●夏川さんはどうだったか。
これが、よかったです。だって、キャリアウーマン美沙子(キャリアウーマンという役柄設定にあまり必要性を感じなかったけど?)だけど地はみさえだったんだもん。うるさくて、見栄っ張りで、お調子者で、母の愛に溢れているみさえ。ああ、夏川さんにかかるとこうなりますか!とちょっとホレボレしました。作品中でそこまで出番があるわけでもはっちゃけているわけでもないんですが、数シーン見ただけで夏川さんのみさえがもっと見たい!という思いに駆られました。ああいう動きは本当にうまいなあ。美沙子はキャリアウーマンでしっかり者な設定ですから、いいとこどりで大変にカッコよくもありました。はあステキ。あとは、人に相槌を打つ姿勢がいつもと同じだったというか、いつもより助長されていたような気がしました笑。髪型とか可愛かったです、超。

髪型が可愛い、といえばコメント欄にて情報を頂いていた夏川さん専属ヘアメイクさんは山内聖子さんでした。どうやら『無理な恋愛』も絡んでますね。私としてはあの頃の前髪はもう飽きたなあとか思っちゃうんですけど、映画ではちょっとふんわりさせてくれてましたね。


さて、今さらではありますがご紹介。Flowerさんが管理人を務めるとっても美しいファンサイトが新たにできました。おかえりなさ~い。奇跡的にチケットが取れたというBALLADの初日舞台挨拶の模様もレポしてくれております。
「HAKU」natsukawa Yui unofficial


09-09-09

| BALLAD 名もなき恋のうた | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めてコメントします。

こんにちは。
今年の夏休みに、ものすんごく「あなたの隣に誰かいる。」が見たくなりまして見ました。
「この女性美しすぎ!!」と、驚きを覚えました。
そして、夏川結衣さんのファンになりました。

アタシも女子ではありますが
夏川さんの、魅力と美しさに惚れました。(笑)

夏川さんのファンになってからというもの
毎日のようにTSUTAYAへ行き、夏川さんのでている作品を見まくりました。(笑)

そして、インターネットで夏川結衣さんを調べていくうちに
この素晴らしいブログへたどり着きました。

初めてコメントさせていただきます。
あまり、コメントというものをしたことがないので、ちゃんとコメントできているか心配ですが( ..)φ

夏川さんのことを、こんなにも書いてくださって、毎日このブログを見るのが楽しみです。アタシの楽しみを増やしてくれてありがとうございます。(笑)


ところで、「BALLAD 名もなき恋のうた」
アタシも、レディースディだったので映画観に行きました。
感動する作品でした。
でも、もっともっと夏川さんがでてほしかったなぁ。なんて思いました。あと、番宣とかでも「夏川さんがでるのではないか?!」と思いながら拝見していましたが
なかなかでませんでしたね(;O;)残念です。
番宣は、「孤高のメス」にかけることにします。(笑)


テリーさん、これからも更新頑張ってください!
楽しみにしてます☆”
もし、よければアタシもブログをやっているので(始めたばかりですが。)見に来てください。


ながながと書いてしまいごめんなさいm(__)m
では、失礼します。

| ゆずき | 2009/09/09 23:43 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます☆

1分!!はやっ!!というか、やはりキャストがいいので、あっという間なんですね。
夏川結衣さんのファン用とかないのでしょうか?(笑)
夏川結衣さん、やはり上手ですよね♪私も絶対に、あれは威圧された雰囲気を出していると思います。
ヘアメイク山内聖子さんですか(*^o^*)『無理な恋愛』でも担当されていたなんて…初めて知りました(^_^;)映画の感動に浸る時間に、そこまで注意して頂いて、ありがとうございます!!
Flowerさん、さすがですね!!でも、携帯では見れないという…悲しい現実(泣)学校のパソコンで見れたら、見てみます☆

今日は任侠ヘルパー第10話ですね。自殺…未遂ですよね!?
あと約1時間!!

| AЯ!SA | 2009/09/10 20:54 | URL |

テリー→ゆずきさん

ゆずきさん、はじめまして!ようこそいらっしゃいました。夏川さんのファン層は幅広いなあと思うこのごろですが、改めて女性のファンも多いんだなあと。コメントしてくださりありがとうございます。

> 今年の夏休みに、ものすんごく「あなたの隣に誰かいる。」が見たくなりまして
その入り、なんかすごいですね。突然見たくなったドラマのチョイスが秀逸だわ笑。あのドラマの夏川さんは美しさフルスロットルでしたものねえ。ゆずきさんは夏川作品ではどれがお気に入りでしょうか。

『BALLAD』ではセリフはなくても画面の背後とかに常に入り込んでいたような感じがして、面白かったです。ガッキーの出番から比較したら上等ではないかと。それはそれとして夏川さんの美沙子はもっと見たいですよねー。番宣では、いいともだぷっすまだスマスマだと期待はあったんですけどねえ。ことごとくかわされちゃってザンネンです。バラエティはやめたのかな?『孤高のメス』ではさすがに雑誌くらいには引っ張り出されるでしょう!

> テリーさん、これからも更新頑張ってください!
ありがとうございます。書きたい時に書いてるんですけれど、こうして応援してもらえると「書きたい時」が増える気がします。更新の頻度でおわかりかと思いますが、基本的に「ブログを頑張る」という意識がないのですよ笑。てきとーにやってます。
ゆずきさんも夏川さんのことをぜひいっぱい書いてください。楽しみにしています。BALLAD鑑賞の記事を読ませて頂きました。ちなみに、私は映画館は基本的にひとりで行きますよ笑。集中したいときは特にですね。



テリー→AЯ!SAさん

売り切れ早かったですねえ。でも並ぶとかじゃなくてよかったなと。良心的な販売だったのでよしとします。マジで夏川ファン席ほしいですね。迷惑かけないから!ちょっといるだけだから!って笑。

AЯ!SAさんこそ、あのエンドロールでヘアメイクさんとかよくチェックできましたね。観察力がすごいわ。山内さんが担当だとナチュラルっぽくなるんでしょうか。

FlowerさんとこはぜひPCで。私も最初携帯からしか見られなくて、PCから見て感動しました。
任侠ヘルパー、すごかったらしいですね!まだ見てないわー。

| テリー | 2009/09/11 19:23 | URL |

お久しぶりです。
朝一でBALLAD見てきました。
原作好きからすれば、ちょっと残念な出来でしたね。
キネマ旬報に山崎貴監督と原恵一監督(アッパレの監督)の対談が掲載されているのですが、興味があれが御一読を。「山崎さん、あんた間違ってるよ」と言いたくなること請け合いです。この方が「戦国版タイタニック」ってコピー考えたんですよね~センスないなぁ。

| Xavi | 2009/09/12 16:00 | URL | ≫ EDIT

テリー→Xaviさん

情報ありがとうございます。キネ旬、ざーっと読みました。なんつーか原さんの傍観っぷりが笑えました。この映画、よく制作費が集まったなあ…。ほんと、「戦国版タイタニック」はないですよね。

| テリー | 2009/09/13 17:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/156-816ca135

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。