熊本の空に降った星

夏川結衣さんをこよなく愛する女子のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

火垂るの墓(2005年11月1日 日テレ)

火垂るの墓 日テレ公式サイト
終戦60年スペシャルドラマ。何故11月に放送?
ようつべに落ちてたのを気長に見てまして、これリアルタイムで見てたなあって思い出しました。ただここでも夏川結衣をキャッチすることはできませんでした、当時の私。そうそうなんかいたかも程度。

『火垂るの墓』といえばアニメ版はきっと誰もが少しは見た事があるのではないでしょうか。節子の「にいちゃん」が痛々しくてもう見てられないってやつです。
このドラマはアニメ版とは違って、松嶋菜々子が演じた親戚のおばさんの久子の目線からも描かれているというところが特徴的でした。清太と節子に対する非情な態度は悪意ではなく、生きなくてはいけない、家族を守らなければいけないという母としての役割を果たしていただけだったのですね。そんなおばと対立してしまい「国の為に死ぬ事は喜ぶべきことだ」と信じて疑わない清太に、戦争の悲しさを感じさせます。

夏川さんは、清太と節子のお母さんの京子役。エンドロールの最後から2番目のキャスト表示というキーポジションな役で、優しくて病弱なお母さん。理想の母そのもので、私が今まで見た夏川さんのどの母親役よりも感情移入できたかもしれない。母親の優しい笑顔と合わせ持ったもろさを見て一瞬で「ああっお母さん」って引き込まれてせつなくなりました。それくらいよかった。京子は結局は死んでしまうので夏川さんの死体役とかもあり、けっこうショッキング。最後に一人で家を出るうしろ姿とかもう、泣く。

夏川さんがそういう母役とかね、やらせたら間違いないつうのはわかってたけど改めてわかったんですが。夏川さんが出てくる場面って全部良くて、母としてのいいイメージを強烈に残すようなことしかしていないんですね。それはのちの久子との対比にもなるので、そうするのが妥当ではありますが、役柄としては人間としての本性が剥き出しになっていく松嶋菜々子演じる久子のほうが断然面白かった。久子も最初は京子と同じくらい優しい母だったのですが、やがて生きる為に、家族を守る為に「誇りやきれいごとだけでは生きていけない」と変わっていくのです。松嶋菜々子の感情吐露の演技って私は結構好きで、あの人の見せ方はうまいなって思います。好きなんですよね、きれいなお姉さん。演技のうまさは同じくらいでも、印象とか存在感になると菜々子の方が上を行く気がする。それはもう当時リアルタイムで見ていた私自身がそう思っちゃってるから仕方ない。
『壬生義士伝』しかり『スパイ・ゾルゲ』しかり『座頭市』しかり!夏川さんがもらう役ってのはどうしてこう、個性は押し殺さなければいけない、時代を反映した女性ばかりなのか。こう言ってはなんだけど、そういった女性の役って夏川さんじゃなければ出来ないってほどの役柄じゃないと思う。夏川結衣だと思って見ていなければ印象に残るわけない。夏川さんがやってると思えばかわいいだきれいだなんだって果てしなく言えるんですけれど、それってファンしかやらないじゃん。人間的な面白さがもっと垣間見えるものを選ぼうよ、ねえ。2005年ともなれば夏川さん以外の女優がやったらどうなっちゃうかわからないというくらいつっこんだ役柄を常に選んでもいいのにな。

夏川結衣は1人の女優として輝くより、作品の一部として入り込む事を選ぶ人なのはよくわかる。ただそれがいい映画に成り得る本当の道なのかは果たしてどうなの。作品自体を見てみたいと思わせなきゃ作ってもなんの意味もない。スローペースにしか仕事をしないのに地味な役ばっかりやっててもしょうがねえだろって珍しく今回は思いましたよねー。だってなんかもったいないんだよ、夏川さんほどの人がよ。あーあ。

や、でもこの火垂るの墓の母役に関して言えばちょっと何度も見たいとも思わせるものはありました。夏川ファンとしてですけど。夏川コスプレで私がいちばん好きな浴衣シーンもありますし。
HHピクチャ 9HHピクチャ 10


DVD出てます。
終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓 [DVD]終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓 [DVD]
(2006/02/22)
原作:野坂昭如 脚本:井上由美子 プロデューサー:村瀬健 演出:佐藤東弥
出演:松嶋菜々子 石田法嗣 佐々木麻緒 伊原剛志 井上真央 要潤 福田麻由子 飯原成美 堀江晶太 生瀬勝久 段田安則 岡本麗 沢村一樹 夏川結衣 岸惠子

商品詳細を見る


| '91-07 ドラマレビュー | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夏川さんに陶酔前、リアルタイムでみてたんですけど素直な感想として夏川さんにこの役合わないなぁって思って見てたの。昔から綺麗な人なのだけど実はあんまり品のある人ではないような感じが昔からしていて、神戸のいいとこの奥様にはどうしても当時は見えなかったのですよ。。ところが今みるとスパイゾルゲしかり夏川さんのいいとこの奥様役はめちゃ合うなぁって思ってしまうのはわたしのファン目線なのか、それとも見方が変わったのかは、、謎です。なんか書いてて凹んできた。言いたいことわかる?(*_*)

| Flower | 2008/12/15 14:38 | URL |

2度目で、夏川さんと認識・・・

 私もリアルタイムで、見てたのですが、松島菜々子と、子役しか、記憶にない。
 最近TUTAYAで借りてみたら、井上真央が出てる、沢村一樹・伊原剛志もでてる・・・みんな気配消してたのかな?夏川さんも。
 松島菜々子が、こんな役やってると言う方が、強烈だったのかも、あらためて見ると、夏川さん綺麗ですよね。
瀕死の状態は、見たくなかったかも・・・・

| おばちゃん | 2008/12/17 00:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nkymm.blog95.fc2.com/tb.php/109-a334203e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。